朝日新聞『獅子頭』第七十話~七十三話 慌てない慌てない

腕を見込まれた
料理を通しての
日中友好ができるからと

家族とのツライ別離を乗り越えて

日本にやってきたのに

かび臭いアパートに住まわされ

職場では
怠け者に見られたらソンだから
掃除もしながら
忙しそうに振舞えなんて
アホなこと言われたり

祖国では
文化革命以後消えた
ちゃらちゃらけばけばした女性に
話しかけられたり…

『なーんだぁ?』という
日本での日常です。

しかし
変なプライドから
自意識過剰になって
ぶつかるようなことはせず

釈迦リキになって
適応するでもない

 ―やはり本場中国の
  【一太極二陰陽】のリセットの法則を
   個性化の過程では繰り返す
のでしょう。

二順の態度が
おそらく次の
展開を生むのではないかと

期待ドキドキしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です