箱庭療法の水と砂

PTSD研究家翠雨の日記

箱庭の箱の中には
砂があります。

砂を一面に
なだらかにした状態で

「どうぞ」と
言われます。

①砂の上にミニチュアを置く人
②砂の感触を楽しみながら
 山や川など作ってから
 ミニチュアを置く人
③砂に字や絵を描く人

砂を触るかどうかは
結構重要です。

砂を触るときは
心を根本から
再編成したいと
思っているとき

砂に触れないときは
そこまでの変化を
求めていないとき

必要がない場合もあるし
心が崩れるようで
恐ろしいから回避している
場合もあります。

砂を動かせば水が生まれます。
 ―縁起の世界です。
  すべては関わっています。
  砂を触れば水を呼ぶのです。

表現は自己表現ですから
場合によっては
こころに地震と津波が
起こることもあります。
 ―無意識ですから
  直接「大変ダー」とは
  感じませんが…

聖書にはノアの洪水のことが
書かれていますし

日本もかつて
陰陽五行説が輸入されたときに
文化的洪水で
水浸しになりました。

洪水からの立ち直りは
世の東西共通の
無意識的モチーフです。

洪水は起こっても
よいのです。

0 thoughts on “箱庭療法の水と砂

  1. 翠雨

    SECRET: 0
    PASS:
    >beeさん
    そう言えば、お墓建てる人結構多いです。
    お墓がない場合も、表現のなかで、死と再生が行われるのが心理療法ですし、その場としての箱庭ですからね。
    今日はあと、何書けるかなぁと思案してましたので、助かりました。
    ありがとうございます。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です