させられ体験か解離症状か=統合失調症かPTSDか

あんまりじっくり考えずに
いろいろしゃべるものですから

学生さんから
よく質されます。

先週は…

私「統合失調症にさせられ体験って
ありますが
PTSDにも解離がありますし
ヒステリーのキーワードは【失】
失立・失歩・失声・失明…失神
なので…」

すかさず
手をあげた学生さん
「させられ体験って
専門用語なんですか?!」

堅苦しい言葉で言えば
【作為体験】ですが
させられ体験も専門書に出てきます。

シュナイダーという人は
これがあれば統合失調症と言ってもよいくらいの
第一級症状であると言ってます。

厳密に言えば
させられているという意識ですから

解離を起こした場合の
全く(させられた感覚を)記憶がない場合から
状況から考えて
どうも自分がしたらしい

(我に返って)大変なことをした

レヴェルはいろいろでしょうが
させられているという自覚はないように
思います。

なので同じではない。

しかし逆に言わせてもらえば

最近の事件の容疑者について言えば
させられ体験ではなく
解離体験が多いのではないでしょうか。

要するに
統合失調症からくる犯罪ではなく
PTSDからくる犯罪が
多いのではないでしょうか。

裁判で重視して欲しい
視点です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です