本日NHK試写室ドガの絵に観る超個的無意識とPTSD克服法

19世紀後半といえば
そんな大昔の話ではないですが

肌の露出が多い衣装で
人前に出るバレエは
貧しい移民が
食いぶちをかせぐ手段
でもあったそうです。

なので
こんな美しいドガの絵も

PTSD研究家翠雨の日記

なんとポルノだと
ひんしゅくを買ったそうですよ。

でも負けたらいけないんです。
ドガは
衰える視力と闘いながら
パリの裏側で
苦境に生きる少女たちを
直視し続けました。

PTSD研究家翠雨の日記

フロイトの発見した無意識を
 ― 一応書いときますがウソですよ!
   仏教の心理学唯識がとうの昔に発見してます!

ユングが2つの層に分け
 ― 個人的記憶と集合的記憶です。

トランスパーソナル心理学は
それをただの集合的無意識と
未来の集合的無意識に分けました。

未来の集合的無意識とは
未来に常識となる考え方です。

石投げられてるからって
十字架にかかったからって

それはもしかしたら
キリスト教になるかも
しれないんです。

キリスト教は
現代西洋人の無意識にある
考え方の基盤です。
 ―信仰してなくてもね。
  美術も政治もみなそこから
  はじき出された結果です。

PTSDの克服の仕方も
常識を超えたものになります。
少数の人がすでに研究しながら実践しておられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です