朝日記者への脅迫で逮捕された医師のPTSD

3月11日の朝刊で

生体肝移植を巡る
不適切な医療行為などで
東京医大の理事が
辞表を提出したと
署名記事で報じた

40歳と37歳の男性記者2人を
名指しし

「東京医大をなめているのか」
「20年以上前の赤報隊の
散弾銃事件を忘れたか
即死した記者みたいになりたいか」
などと記載した
ファクスを
水戸市の朝日新聞水戸総局に送りつけた疑いで

医師(56)が
脅迫の疑いで
逮捕されました。

 
容疑者は
東京医大を卒業し
現在は同県桜川市の病院に
勤務していました。

調べに対して
「はっきりとは覚えていない」と
容疑を否認しています。

簡単に【解離】する人
続出
ですね。

警察の厳しい取調べでも
あんまり思い出せない
もの
だそうですよ。

人間の無意識って
凄いなあと思いませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です