キトラ古墳壁画の劣化を合理化すること

古墳の壁画が劣化したこと
剥ぎ取らねばならなかったことは
残念なことです。

「壁画は永遠ではなく
滅びるもの」という方もいらっしゃいます。

諸行無常の響きあり
沙羅双樹の花の色
盛者必衰の理を顕す。
驕れる者久しからず。
ただ春の夜の夢のごとし

『平家物語』冒頭の
滅びの美学
ですが…

仏教の考え方を
都合よく使っているような気がします。

数千年前のエジプトの壁画は
高松塚の数倍の時間
保存されています。

PTSD研究家翠雨の日記

特に
陰陽五行説を無視して
キリスト教文化の哲学で
PTSDを発達障害扱いする
ユング派の人たちがそういうのを
聞くと

投影を感じます。
 ―自分のこころのなかにあるものを
  外界のものに映しみることで
  自分を守る方法

合理化の機制もあるかな…
 ―都合よくごまかす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です