PTSD克服過程における不安と学び

「園のすべての木の実を食べてもよい。
だが善悪の知識の木の実を食べてはいけない。
それを食べたら
きっとななければならなくなるからである」

創世記第二章16節にあります。

陰陽五行では
善悪の知識の実を食べよ!
ですけどね。

PTSD研究家翠雨の日記

善悪を神さまに決めてもらってすむなら
楽ちんです。

でもその神さまが
暴君って場合
 ―聖書の神さまは偉大だと思いますが
 人間の無意識に刷り込まれた邪悪な神のこと
 虐待する親とか・間違った医療知識だとか…

成長とともに
そこは地獄だと気づき
逃げ出したくなるときが
きますよね。

そして
そのときは
試練ですよね。

でも
キェルケゴールは
ここで正しく不安がることを学んだものは
最高のものを学んだものであると

言ってます。

つらいけど
そうなんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です