小学男児刺し逮捕された母親のPTSD

福岡で
「子どもを刺した」と119番があり
駆けつけた救急隊員と行橋署員が
小学3年生の男児(8)が
左胸から血を流して寝かされているのを
見つけ
一緒にいた無職の母親(41)を
殺人未遂容疑で逮捕しました。
 
母親は
「殺そうと思って刺したのは間違いない。
理由は(警察に)説明しても分からない」と
話しているそうです。
傷は浅く意識もあり
命に別条はないようですが
母親に刺された男児の
PTSDは心配です。
そして母親の言葉も
真摯に受け止めながら
PTSD治療すべきでしょう。
犯罪は犯罪ですが
【解離】癖を直さないと
再犯もありますし
より複雑化し
さらなる悲劇も
充分想像できます。
そういう再犯の事件も
最近でてきてますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です