ブッシュマン壁画に思うPTSDブログの意義

いろんなブログがありますねニコニコ

いろんな意義があると思います。

私が個人的に
関心があるのは…

ちょっと縁起でもないって
思われるかもしれませんが

①遺書としてのブログ
 今すぐ死ぬとかそういう意味ではありませんが、
 書き残しておくということです。

 一般に
 人間は何か生きていた証を残したいものでは
 ないでしょうか。

②こころの献体としてのブログ
 脳を調べてもらっても
 考えていたことはわかりませんからね。

さっき思いついたのは

③存在証明の落書きとしてのブログ
PTSD研究家翠雨の日記

PTSD研究家翠雨の日記

アフリカのブッシュマンの壁画です。

独自の宗教哲学を芸術にしたものでしょう。

でもきっと
そんなこと考えてない。

楽しいから無心で
描いたのでしょう。

でもこの絵が
広大なアフリカ大陸の
北の方にもあることで

南の端に住む

 ―こんなブッシュマンに出て行けと言い
  裁判で敗訴したデビアス社って
  一体何なのでしょうねドキドキ

ブッシュマンの
非暴力の哲学の歴史が
証明
できます。

身体が土に還ってゆくなら
精神のかけらがバラバラになって
ネットに吸い込まれていくのも
そしてどこかで小さな役にたつ
ことでもあれば
それでいいのではないかなぁって
思います。

PTSD研究家翠雨の日記

東大寺の【不空羂索観音】のように
ネットはあらゆるものを
救いとってくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です