市川海老蔵歌舞伎ロンドン公演の【目力】とPTSD

歌舞伎 ロンドン公演の初日の
一幕です。

PTSD研究家翠雨の日記

日英の観客が入り混じる中
1200の客席は大入り満員。
宙乗りなどロンドン版の演出も披露し
客席からは大きな拍手が沸き起こりました。

こんな海老蔵ですら
初日を終えて
「きょうは
お客様が面白いと思っていただいているのか
そうでないのか
正直不安な気持ちで
舞台を務めていましたが

楽しんでいただけたようで
非常に嬉しい気持ちです。
あすからもいい芝居をお見せできるよう
精一杯頑張ります」と
コメントしてますよ。

不安ってある意味
必要なものなんではないでしょうか。

海老蔵って
面白い名前ですね。

赤い海老は
曲がってますが
それゆえに瞬発力もあります。

海の老人は
 ― 集合的無意識みたいな名前です。

目力が命です。
PTSDのみなさん
よく見て
何が正しいのか間違ってるのか
自分の頭で判断し

要らないものは
その目力で厄落とししながら
自分の目を入れ

どこまでもどこまでも
進んでください!

PTSD研究家翠雨の日記

元祖はこれですダウン
PTSD研究家翠雨の日記

どこまでもどこまでも進んでも
陰陽五行説が
仏の掌のように
すべて把握しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です