中島みゆき『異国』 ③金剛経&ユング御用達パスポート【孤独】

【応無所住 而生其心】
まさに住するところなくして
しかもその心を生ず
【金剛経】の言葉です。
六祖慧能禅師は
まだ貧しい芝刈りの時に
このフレーズを耳にして
出家したくなりました。
老いた母もいるし
文字も知らないし
お金もないし
…ないないづくしでしたが
禅宗第六人目になったのです。
異国の寂しさ・孤独は
PTSD特有です。
中島みゆきのかもし出す
離人感は
孤独そのものです。
 ―離人感わかる人
 年々増えてますよ!
でもこの孤独感が
自己実現へのパスポートだと
思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。