C.G、ユングの死別PTSD予防対策

1923年に
ユングの母親が死んだ。

PTSD研究家翠雨の日記

ユングはチューリッヒ湖畔の
ボーリンゲンに土地を入手し
自分で石を積み
塔を建て始めた
休日はできるだけ
ここで過ごし
思索が熟成するのを待っていた。

1955年に
夫人のエンマが死んだ。

ユングは
やはり
塔に手を入れ拡張し
よく通った。

死は普遍的なことですが

人間を哲人にします。

ちゃんと哲人にならないと
いけないんです。

ユングは
心理療法の理想は
苦しみに耐える力と
哲学的忍耐力を
養ってもらうこと
って
言ってますよ。

トラウマに向き合うには
強さと常識を超えた哲学が
必要ですね。

巨大な塔を建てるほど
すごいエネルギーを
PTSDの人は放出していますよ。

傍目には
静かな
なーんにもしてない人に見えるのでしょうがね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です