中島みゆき『異国』  ⑤こころのチューニング

この曲のギタースコア

全部の弦を
半音下げた
チューニングにします。

ちょっと変わってますね。

普通じゃない調べは
この曲らしいかもしれません。

弦はこころの糸
考えたらいいでしょう。
 ― PTSDの
  こころの叫びを
  表現しているのですから。

【解離】でも
ありますね。

中島みゆきは
【シャーマン】や【巫女】みたいな
人ですから。

私たちは
他人と話すとき
チューニングメーターで
(あるいは音叉で ←あ、これも【一太極二陰陽】だ!)
調弦された音で
(常識・分別)

向き合います。

でも
心の深い部分の話をするときは
張り詰めたその弦を
ちょっと緩める
必要があります。

あるいは
相手の弦に寄り添って
傾聴しなければ

意味不明になります。

【チューニング・イン】と
呼んだりしますが

できてれば
名前なんてどうでもいいことで

むしろ
傾聴してないくせに
言葉だけやたらと使う人は
嫌われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です