PTSDの悲劇はエディプス王よりだるまさんを待っている

「…ギリシア演劇の有名な人物たち
プロメテウスやエディプスなども
みなあの本来の主人公である
ディオニュソスの仮面にすぎなかった
ということだ。

これらすべての仮面の背後に
一柱の神がかくれているということ

これこそ、
あの有名な人物たちが
典型的な理想性をそなえていると
しばしば驚嘆される1つの本質的な
理由なのだ」

1つの元型があり
①それがいろいろな現れ方をすること
②文化には理想像があること

それは認めるところですが、

みなさんきっと違和感あると
思います。

エディプスは日本人にとって
理想か?

エディプスは、トラウマに気づき
自分で見ることをやめ
(針で目をついて盲目になる)
放浪し
その子孫もその影のなかで
そのトラウマのために
生きる物語です。

PTSD研究家翠雨の日記

神の(常識の世界)で完結しており
PTSDと共存しましょう
神様と出会えて幸せドキドキという世界です。

PTSD研究家翠雨の日記

仏教では
6つの世界
(トラウマに操作され
落ち込んだり、喜んだりの繰り返し)から
解脱しましょうということを
目指します。

二元論ではないリセットの哲学で
高次の完結してます。
PTSD研究家翠雨の日記

神は死んだのです。
自分の目でよく見て
だるまさんに目を入れましょう!
PTSD研究家翠雨の日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です