うつ病のフリみて発達障害のフリ治す?

乳幼児健診で
当時2歳だった自分の子どもに
つけられた
発達障害は
妄信しているが

うつ病には違和感をもつ
人が出てきている。

理解の内容は…

①精神に不調をきたすと
大抵の人がまずうつ病と診断され
その後
統合失調症や
境界性人格障害
パニック障害など
病名が変化する場合が
あること

②「現代病」とも言われ
患者が急増していること

③対人関係などによる
社会的ストレスが発端となって

意欲低下や対人恐怖
コミュニケーション能力低下
を経て
だんだん
症状が形成されていくこと。

④「甘え」と誤解される問題

⑤認定されている人が250万人
「鬱病予備軍」をあわせると
3000万人以上になり
日本国民の4人に1人に
関わる問題であること

低年齢化の問題が加わり
小中学生の不登校が
12万人に上っていること

薬物治療の研究が頓挫しており
旧態依然としている
一方で
薬を使わない治療法が少しずつ着目され
初めていること。

ここまで
知ったなら
もう少ししたら
うつ病のおかしさへの
理解がさら深まり
子どもの発達障害にも
疑惑が広がるような
気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です