歌舞伎やだるまの【にらみ】とPTSD

PTSD研究家翠雨の日記
かわいいだるまさんも
ありますが
PTSD研究家翠雨の日記
元祖ドキドキ達磨大師の目は
ちと怖い。

射すくめられそうな…

虎視眈々なんて言葉も浮かんでくる。

禅寺の龍の目も怖い。
八方にらみとか言うそうで
どこにいてもついてくる。
(本当に錯視を起こさせてくれます)

PTSD研究家翠雨の日記

江戸時代には
にらみ禅なんてのも
あったそうです。

今は
こんな形でロンドンにも出張してます。
PTSD研究家翠雨の日記

内なるトラウマや
外なる外敵(わからずやの二次被害)を
にらみ殺してもらって

自分の目を入れたいですね。

PTSD研究家翠雨の日記

自分の目で見ることができるようになるのが
個性化(自己実現)の始まりですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です