蔓延するPTSDお念仏療法と親鸞『歎異抄』

「歎異抄」や親鸞は人気がありますね。

「念仏は
まことに浄土に生るるたねにてやはんべるらん
また地獄におつべき業にてやはんべるらん
総じてもって存知せざるなり
たとひ法然聖人にすかされまゐらせて
念仏して地獄におちたりとも
さらに後悔すべからず候ふ。

そのゆゑは
自余の行もはげみて仏に成るべかりける身が
念仏を申して地獄におちて候はばこそ
すかされたてまつりてといふ後悔も候はめ
いづれの行もおよびがたき身なれば
とても地獄は一定すみかぞかし」

親鸞の到達した境地は
わかりませんが
そして
念仏に罪はないのですが
 ―ひたすら念仏を唱えることは
 思いのほか精神衛生によいと
 考えています。

しかし叫び
念仏や法然を
こころの専門家と
書き換えると

蔓延する
PTSD地獄の原因
そのものです。

「自分で考えるな」      ←あなたには自力の坐禅は無理です
「薬を飲んでたら治る」という ←念仏を唱え他力を期待しなさい
お念仏療法を信じて

フラッシュバックの地獄に
落ちたとしても
そこから抜け出られない
ことになるとしても
決して後悔したりはしないと
親鸞のように
断言してのことではないはずです。

阿頼耶識は異熟するなり

一時代の真理も
後の世の人の無意識のなかで
いびつにゆがんで
妙な取り入れ方をされることが
あります。

敵は内にも外にもいますよ。

まずは小さな気づきを
内に起こし

誤診に気づくことです。
そして
ゆっくりゆっくり
現実をみる練習をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です