中島みゆき『髪を洗う女』と洗浄強迫のトラウマ

かみともにいまして ゆく道をまもり
かみのまもり 汝が身を離れざれ
   ←男性コーラス
                   賛美歌? 髪と神のだじゃれ?

泣くにも泣けない しずかな夜は
灯りもつけずに しょんぼりと 
いつまでいつまで 飽きもせず
女が髪を洗います

煙草の煙を流すため
お酒の香りを流すため
あいつの全てを流すため
いつまでいつまで 飽きもせず
女が髪を洗います

女は薄情なものだから
髪形ひとつで 言葉も変わる
元結ほどけば 崩れるように
髪の毛だけが 泣くのです

煙草の煙が流れない
お酒の香りが流れない
あいつの全てが流れない
ひとりの夜更けは 水音さむく
女が髪を洗います

煙草の煙が流れない
お酒の香りが流れない
あいつの全てが流れない

ひとりの夜更けは 水音さむく
女が髪を洗います

洗っても洗っても
消えないものについて

華厳経では
修行中になかなか消えない
煩悩の一種
有垢とか有点について
丁寧に説明しています。
 ―灯りもちょっと華厳ぽい
  と感じました。

PTSDだったら
洗浄強迫がありますね。

洗っても洗っても
がすまない。

やっぱり気なんですね。
五行の気・元気の気です。
根本からやられてる感じです。
気のせいとかじゃなくてね。

いろんな製品がある時代ですからね。
強い洗剤やベンジン
使って欲しくないですが
気がすまないからと
狂わんばかりに
使ってしまうのは
悲しいですね。

消えないのは
髪や手の汚れじゃなくて
トラウマですからね。
きりがない。

リストカットも
同じですね。

やはり
つらくても
トラウマに向かう
根本治療しかないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です