十牛図第十図① PTSDへの非指示的方法は復活するか

入鄽垂手 にってんすいしゅ
PTSD研究家翠雨の日記
悟りの過程の
 ―自己実現も小さな覚りと考えましょう
  オリンピック選手も私も二本足で走ります。
  腕を振ります。
  タイムが違うだけ叫びあせるです。
最後の図です。
入鄽は町に出て
垂手は手を垂れて
手を垂れて何をするか。
不安な面持ちで
自分探しをし
自分と格闘し
こころ豊かに強くなった
左の賢人は
右の若者を導くのですが、
上から目線で目
あーだこーだと
指示するのではないということです。
自分がそうだったように
この若者に考えてもらい、
発見してもらい
気づいてもらいます。
ロジャーズの考え方であり
心理療法の基本でもあります。
この考え方もまた
復活するかもしれません。
そしたらPTSDの方々も
生きやすくなるでしょう。
だれが生きにくく
してたのでしょうねニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です