おじいさんの死における孫の喪の作業

おじいさんを失くした
小学生の子どもたちの
様子を聞きました。

みな
すごく可愛がってもらってたので
それなりにショックを受けていますが

長男のショックは
大きいようだと
母親が証言しています。

自分の部屋で寝ていたのに
一人では眠れないので
父親と並んで眠るように
なりました。

親しい人の死は
心の奥深くに何かを残しますが
成長の種でもあると信じていると

母親は申しております。

小さい子なら
おねしょしたり
この長男のように
一人で眠れなくなったり

以前は当たり前にできていたことが
できなくなること
(創造的退行)

あります。

しっかり退行し
しっかり悲しみ
思い出に浸ることが
バネとなり
大きく変化することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です