知っておきたい精神医療ニュース2007ADHDに対する警告大当たり!

日本発達障害者ネットワークが
ADHD治療薬の早期承認を
厚生労働省に要望したことに対して

①ADHDの治療薬が承認されていないことで
多くの子どもが薬漬けや副作用の
被害に遭わない状況が
何とか保たれていること

②欧米諸国で
子どもに対する投薬に関する規制が
厳しくなり
売り上げが頭打ち状態となっているため
外資系の製薬企業が
そんな日本の子どもを
狙っていること

親の会などの
フロントグループと呼ばれる存在を
うまく扇動しようとすること

都合の良い障害の概念の普及
治療薬承認に向けて親たちを
巧妙にコントロールしようとすること

適格に指摘し警告してました。

当時は
リタリンしかなかったのですが
保健適応外なので
医者の責任が問われるため  ←ゼロにするのに加担しちゃった!
それなりに
 ―たいした責任感は期待できませんが…

説明責任を果たそうとしていたようです。

どうですか?

子どものためと思いながら
悪魔の思うツボにはまってますよ。

ある精神科医が
最近開催された学会に出席し
プログラム抄録に記してました。

「ブログでボロクソに書かれている」
  ―講演でどなたかが嘆いたのでしょう。
   みなさん言われてますよ!

そりゃ書きますよねぇ。
何考えてるんだか。
頭いいはずなのに…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です