21世紀COEプログラム臨床心理学の場合

「大学の構造改革の方針」
(平成13年6月)に基づき
平成14年度から

文部科学省の事業
(研究拠点形成費等補助金)として
措置されたもので

世界トップレベルの大学と
伍して教育及び研究活動を行っていくため
第三者評価に基づく
競争原理により
競争的環境を一層醸成し
国公私を通じた大学間の競い合いが
より活発に行われることを
狙ったものでしたが

私の所属する分野は
ボロボロになりました。

ロジャーズは
クライエント中心療法と
謳ったのに

PTSDの子どものためではなく
企業のために
親をだまし先導する。

そのために必要なら
先人の研究など
無視する。

やたらと
「未来~」
「国際~」
「地球~」

ネーミングばかり
 ―予算とって
  COE研究に関わったって言ったら
  ハクつくし…

もうデタラメもはなはだしい…

しかし負けてはおれませんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です