【解離】という言葉の誤用による二次被害

  【赤子の手をねずる】
抗する力のないものを虐待すること

ちょっと古いことわざ辞典に
書いてありました。
いじめや虐待が
簡単に起こること
その普遍性
表れてます。
人間には良心がありますから
卑怯なことをするには
良心を解離させる必要が
あります。
【解離】をPTSD特有の
極端な病理現象と捉えるのではなく
普通にあることであるという
事実を認めることで       ←【否認】しない
かえって
PTSDは理解されるように
感じます。           ←【受容】
 ―学校では不登校やいじめを
  ながらく否認してきました。   
  うちの学校にはないと
  校長は言わされてました。
精神分析では
防衛機制は誰にでもあるが
使いそこなったり
過剰に依存した結果が病理であると
しています。

そして防衛機制の中には
高尚なものもある
のですよ。
心理学の乱世
定義も教科書もありませんから
不安を与える二次被害も
多いようです。
 ―かつては言うことを聞かない
  患者さんや学生に
  統合失調症を疑うと
  脅す専門家いましたよ!
赤ん坊は首をひねられて
生まれてくる
そうですね。

誤診されて
首をひねることから
PTSD克服の過程が
始まり
ますしね。
創造的な解離も
あるでしょう。
$PTSD研究家翠雨の日記
何事にも陰陽があるのです。
ここをさらに一歩進めた
理論の普及が待たれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です