『七瀬ふたたび』とPTSDの流行

PTSD研究家翠雨の日記

主人公を始めとする
作中の超能力者たちは、
自分と他人の違いを
懸命に隠そうとします。

知られたら
どうなるか
本能的に知っているからです。

しかし
生きにくいですよね。

作者は

これは35年前に書いたものだけど

日本の今の
学校や公園や職場で
起こっていることと
全く同じで

こんな風になることを
どこか予感して
この作品を書いたような気がすると

言ってます。

超能力者抹殺をもくろむ
集団の存在を知って
立ち向かってゆくなんて

できすぎてますね。

この先は
今、水面下で起こってることですがねドキドキ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です