来日中のダライ・ラマ14世の記念講演PTSD流解釈

来日中のチベット仏教最高指導者
ダライ・ラマ14世
です。

PTSD研究家翠雨の日記

約6500人の観客を前に
「人間的価値の大切さ」をテーマに
講演し

「心の平穏さを維持すれば
物事を客観的に見ることができる」と
述べました。

どんなに余裕がなく
辛いときでも
なるべく
これを想うことが大事でしょうね。

たとえできなくてもね。

また

「自国以外に
他国のことも考える広い視野を持つことが
世界のさまざまな問題の解決につながる」と
強調しました。

日本の常識=世界での非常識
ってこと
たくさんありますからね。
 ―専門家による
  うつ病あつかい
  発達障害あつかいで
  PTSDごときで
  自殺する人続出の学術学会って
  悪魔の集団ですか?
  

我が家の常識=世間での非常識
 ―DV家族の常識
  虐待する親子
  被害者はそれが常識だと
  マインドコントロール
  されてたりしますからね。

死に行く人に
僧侶が
「畏れるな!
幻に過ぎないのだから
飛びついてしまえ!
そしたら幻は消えるから」と
語りかけ

神々しい光のイメージとともに
死の不安を
絶対の安心(あんじん)に変える
ダイナミックな密教が

チベット仏教です。

瀕死のPTSDが
自殺することなく
【象徴的に】死と再生するための
ヒントがそこには
ありますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です