PTSD発症の不安と守りと

絵の殆どは
巨大な森
うっそうとしている。
 
何が潜んでいるか
わからない不安…

盲目的に
バクシンする

PTSD研究家翠雨の日記

顔のない集団への
適応に疲れ
トラウマに向かいだした。

PTSD研究家翠雨の日記

同時に(同じ絵のなかに)

それを静観する
もう一人の自分
 ―しかも背中で感じている。

あせりの最中に
釣り糸をたれ

待つことができる自分がいる。

ここで釣りあがったものが
いずれ
自己実現の支えにおお化け(変容)するのを
知っているから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です