宮沢賢治『銀河鉄道の夜』PTSDの終着駅論争

知り合った子たちが
降りようとするのを見て
ジョバンニは寂しくなり

「僕たちと一緒に乗って行こう。
僕たちどこまでだって行ける切符持ってるんだ
と引き止めます。

しかし女の子は
「だけどあたしたちもうここで
降りなけぁいけないのよ。
ここ天上へ行くとこなんだから」と
云います。

ジョバンニは
「天上なんか行かなくたって
いいじゃないか。

ぼくたちここで
天上よりももっといいとこを ←殺仏殺祖
こさえなけぁいけない
って
僕の先生が云ってたよ」

女の子
「だっておっ母さんも行ってらっしゃるし
それに神さまが仰っしゃるんだわ」

ジョバンニ「そんなのうその神さまだい」

子どもたちは
キリスト教的なハッピーエンドを     ←適応論
目指しています。          

人生の大事なことは
神さまが決めることで          ←発達障害あつかいです。
祖先もそうしてきたように自分もするのです。
普遍的無意識の中で
完結した人生です。

家庭問題があり
こころに闇を抱える
ジョバンニは
仏教的なネバーエンディングストーリーを ←自己実現
目指します。

自己実現は個性化の過程とも
言います。

永遠に進化し続けるのです。

PTSD克服は
個性化の過程なのです。
 
賢治は暗いとただ断罪するような
臨床家はダメですよ!     ←殆どですが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です