朝日新聞『獅子頭』 ~第九十話 性的被害 

幸子に誘惑されて
自分でもわけの分からないうちに
間違いを犯してしまった
二順は

ひどい罪悪感に悩まされています。

文章を普通に読めば
被害者のように感じますが、

本人には
罪悪感しかありません。

そして
罪悪感を払拭しようと
必死で
掃除
をします。
 ―防衛機制の【取り消し】ですね。
 
拭い去りたいものは罪悪感ですから
いくら掃除をしてもキリが
ありません。
 ―洗浄強迫に陥る人もいます。

また
食事はのどを通りません。

幸子の方は、お気楽に
二順に逢いに来ますから

罪悪感を拭い去るのは
無理でしょう。

周囲の目も気になります。

性的被害者の置かれた
苦境がうまく表現されていると
思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です