自己実現法としての感官のコントロール⑤ 西田幾多郎

自覚のメカニズムなどを
把握することが容易でないのは
我々が感官から得た
幼時から馴らされた
種々なる先入観

一致しないように見えるものから
非常に注意深く
精神をできるだけ
感官から
引き離そうと努力する人によってのみ
理解される
からである。
人間は無意識のうちに
常識にとらわれてしまうのです。
小さいときから
マインドコントロールを
受けています。
そこから自由になり
もっと広い視野から
客観的に
自分の問題を捉えなおそうとするとき
食べられなくなるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です