夢のなかの音色

PTSD研究家翠雨の日記

夢は無意識の宝庫だとか
無意識からのメッセージだとか
言いますが

なかなか
最初からすべて
覚えられる人は
多くないですよ。

また言語化が
困難な場合も
多いですよね。

でも
あきらめることは
ないのです。

夢の一部でも
覚えていて
それが
なんだか印象的だなぁと
思える場合

それを大事にしたら
よいのです。
 ―大事にすると
  無意識のご機嫌は
  格段によくなります。
  私たちとそうかわりませんよ。
  まあ私たちの一部ですからね汗

絵にするのは
1つの方法です。

夢と全く同じ
絵がかけなくても
よいのです。

絵を描くことで
少なくとも
過去の記憶(考えれば当たり前)から
未来へ
何かが確実に伝達されます。

自覚が起こりやすくなる
土壌作りが始まるんですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です