金剛経【応無所住而其心】は自己実現のパスポート

        女の子    走る人    男の子
$PTSD研究家翠雨の日記

3人の人
バラバラな発想をもった
自由人

しかし

それは表面的なことであって
こころの大部分は
共通の無意識から
できている。

行列に並んで
話題のスイーツを買い
分け合って話したり

自らの睡眠時間パターンを
壊しても
(大の大人が「今日は9時に寝る!」
パック詰め配信された
サッカー見て
翌日盛り上がったり

熱狂的な叫び
医療信仰で
亡くなったり…

一方で
「スイーツなんて
とても買えません」
「行列嫌いです」
「サッカー?見てない」
医者に
「PTSDとして治療して
下さい」         ←ひどい反撃食らう…

流されれば
楽なのに

抵抗する杭みたいな
存在がある。

金剛経
【応無所住而生其心

まさに住むところなくして
そのこころを生ずべし

ユングのいう
集合的無意識の
どこにも住めない。
 ― 家族はDV・虐待で居場所ない…
  沖縄のなみだを知ってるから
  霞ヶ関の常識にはなじめない…
  日本の精神医療は世界の非常識…
  給食を無理に食べさせられる苦痛…

そういう人が
自己実現する。

途中で
必ず誤解され、バッシングされ
無視され、脅されるけど

底にあるものすごい
パワーが守り、導いてくれる。
(カウンセラーなんか薬なんか要らない!)

だから
負けてはいけない。
あきらめてはならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です