禅の問答とPTSDのトラウマ直視

禅の世界では
応答が大事

師に何か聞かれたら
必死で
全身全霊で考え
分からなくても
何でもいいから
応答する。

喝(かーっ)って言いながら
走り回ってるだけでもいいから

なんて習って

『?』
意味不明と思った。

でも
PTSDに出会った今では
理解できる。

response
(応答)する人が

responsibility
(責任)ある人

自分の存在の深層からの
S.O.Sである
トラウマの声を
傾聴し続けることができる人だけが

自分の人生に責任をもつことが
できる。

むつかしいからとか
辛いからって
否認することや
抗不安薬で抑えることは
自分に対する
無責任なんです。

それを強要する専門家は
悪魔の手下なんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です