福知山線事故の負傷者こころのケアに不安

2005年4月に起きた
福知山線脱線事故の
負傷者らでつくる
「負傷者と家族等の会」は

JR西日本幹部らと意見交換し

後遺症や心のケアに
不安を感じていると
伝えた上で
JR西が表明した
恒久的な被害者相談窓口に
第三者を入れることを要望

設置に向けた
進行状況の開示や
被害者のアフターケアの
制度化なども求めました。

5年も経ってるのに
なぜこころのケアが
いまだになされていないのでしょう。

臨床心理士たくさん
いるでしょう?

そして
第三者の目
これは必須です。

密室になる
専門家だと妄信する
それが一番危ないんです。

群盲は文盲みたいなものです。
こんな高学歴の国で
おかしいでしょう?!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です