チベット否認の中国当局認定チベット仏教高僧のチベット入り?!

新華社電によると
中国当局認定の
チベット仏教高僧

パンチェン・ラマ11世
(20)が            ←ダライ・ラマを否認する存在

チベット自治区ラサの名刹
ジョカン寺で
活仏として崇拝される
高僧の「転生霊童」
(生まれ変わり)を選定する儀式に ←否認するクセになぜ?
参加したそうです。

インド亡命中の
チベット仏教最高指導者
ダライ・ラマ14世(74)の   ←これが本物
後継者選びに向け
重要な役割を果たすことで
権威を高める狙いがあると
みられてます。
   
   …

ややこしい話みたいに
きこえるかも
しれませんから

日本の問題に置き換えます。

こころに何か原因(心因)があって
こころの病になるというのが
伝統的な心理学の基本です。

 ― 一言でPTSDと言います。
   われわれはPTSDしか
   扱えない
のです。

しかし
その基本を否認(認めない)し
PTSDの存在を否認し

先天的で重篤な
不治の病(現在のところ)を扱う
医学モデルの手下に成り下がり
 ― うつ病・発達障害・人格障害
   統合失調症など

医学モデルに従って
療育や指示的教育を行うようになり ←これはサイコセラピーでは
                       ありません!
そういう同胞のための
資格まで用意しようとしたのが
今の臨床心理学です。       ←臨床療育学に名称変更しろ!

チベット人が
いまだダライラマを想うように

そんな臨床心理士は     ←臨床療育士ならいいんじゃない?
国家資格として認められていませんが…

伝統や本質を否認すると
どうなるか

今も昔も
そう変わりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です