岡田監督12年前のトラウマとの闘いとPTSD研究

サッカーW杯で

大舞台に日本を導いた
2人の選手を

岡田監督は
なんとか共存させようと
苦悩していました。

脳裏に
12年前のトラウマが
あったからです。

98年フランス大会直前に
エース三浦知をメンバーから外し  ←父性的判断です。
選手たちに動揺を与えました。   ←当時の選手は母性的

調子が悪くなった一人を外せば
あのときのように影響が大きい。
チーム内のバランスを保つ上でも
そうしないのが得策と考えようと
しました。

ぎりぎりの段階まで悩みますが

最後には
調子を崩した
予選突破の立役者一人を外し
未知の可能性にかけました。   ←監督の父性またUPしました。

この土壇場でのエース交代の決断は
快進撃につながっていきました。 ←選手の集合的無意識も成長

個人も成長するし
周囲の事情も成長する。

トラウマを回避
(アツモノニ懲りてナマスをふく)せず

今・ここを生きること
人の可能性を信頼すること
  
サッカーから
学びましたか?

臨床心理学研究者のみなさん!

クライエントさんの多くは
自己実現しようとして
集合的無意識と闘っているのですよ。

発達障害や人格障害だから
あなた方の考えに添えないのでは
ないんですよひらめき電球

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です