勝手聴覚障害という名のPTSDいろいろ

昔からの呼び名があるのですが

使えないので
敢えてこう呼びましょう。
 ―発達障害もここ30年で
  名称コロコロ変わったことですし。
  
  サイコロジーのやること
  ですから…あせる

つごうのよい事は
聴こえて
つごうのわるい事は
聴こえない

フリをしているという説も
ありますね。

しかし本当に聴こえないって
人もいますよね。
 ―失立・失歩・失声・失明・失神…
 なんでもありですからね。

私の故郷では

こんな歌ありました。

「【聴覚障害の旧名】どこいた?」
(そこのお耳のご不自由なお方、
どちらへ行っておられたの?)

<棒買いに>
(棒を買いに行ってました)

「なんぼで買うた?」
(その棒おいくらでしたか?)

<梅田いた>     ← たとえば…。四条でもいいですよ。
(梅田に行ってました)

私のように
ぼーっとしてて
トンチンカンな受け答えをする
子どもを
温かくいさめる歌でした。

白昼夢なんかは
こどもを癒すために
起こるのだろうし
わざと頓珍漢なこと
言ってるわけではないんですけどねニコニコ

なんか
勝手に見えて
ソンですが

わざと呆けるくらいの度胸で
みなさんがんばりましょうねニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です