米女優リンジー・ローハン被告の依存症と心理療法

PTSD研究家翠雨の日記

泣き顔を見せてます。

2007年に
飲酒運転の罪で
保護観察と
アルコール依存症の治療コース
受けるよう命じられたのですが
きちんと受講せず

釈明の機会
無視しつづけました。

再度の命令で出廷したとき
身につけられた
飲酒をモニターする装置
反応を示し
逮捕となりました。

涙を流して許しを乞いましたが
度重なる命令無視に
判事は厳しい実刑判決を下し
判決を聞いたローハンは泣き崩れたそうです。

許しを乞う
無視し続ける
泣き崩れる

この能力は(人格は)      悪
対象を変えたら
意味が変容し          ↓
治癒に向かう底力になると  善
思います。

$PTSD研究家翠雨の日記

俳優や女優が
場違いな行動をして
舞台がデタラメになったのです。

逮捕により追い詰められた
監督(自我)のがんばりどころです。

職業柄
現実と非現実が
混乱したかな?

解離体質治療のため
女優になったのかな?

【心理劇(サイコドラマ)】っていう
心理療法
わりと人気あるんですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です