PTSD児の水治療?!

20年位前
落ち着きのない子どもたち
ってのが流行しました。

そういうタイトルの本もあって

目に映るものに対して
次々注意が強く惹かれてしまうので

結果的に
落ち着きがなく

対人関係も
言葉も学べず

発達が遅れてしまうという
症状です。

世間をおどろかせた自閉症が
 ―残念ながら
  私は
  カナー型という完全な自閉症には  ←人形みたいな無反応
  お会いしていません。

消失して
出てきたのがこれでした。

目は合うし
少しならかかわりが持てるのですが
持続しないというのが
自閉症との違いです。

ある就学前の男の子ですが
警官の一人息子でした。

緊張感あふれる激務ですから
睡眠は我々以上に大事です。

しかし
赤ん坊は夜鳴きするんですね。

狭いアパート
困りました。

お父さんは怒り
はやく寝かせろと言いますし
事情はわかります。

泣くという
極めて生理的心理的に重要なことが
押さえ込まれてしまったのです。

やわらかでやさしいお母さんでした。

どうやって治癒したか?

子どもがある日
水道の水で遊び出しました。
普通のセラピストは
止めるらしいのですが     

私は一緒になって
遊びました。    ←何か直観したのです。
 ―子どもはキャーキャー
  破顔微笑です…

室内は水だらけ…  ←プレイ・セラピーです。

時間が終了し迎えに来た
お母さんは
驚きながらもにっこり…

何が起こったのか
無言のうちに悟られたようでした。

「Aくん、楽しかったんやね」

私は、
あとで
ある場所に菓子折りをもって
お詫びにゆきました汗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です