『耳をすませば』の癒しの世界

PTSD研究家翠雨の日記

柊あおいさんが
1989年にリボンりぼんリボンで連載した原作と
かけ離れているという
指摘をされながらも

これはこれで好きって
いう方が多いですネ。

時代に応じて
わかりやすくリメイクすることも
必要なのでしょうか。

無心に耳をすます
っていうことが
忘れられてますね。
 ―そういう世界への
 【否認】を勧められてます。
 「そんな暇あったら~しなさい!」って

図書室には行くけど
それが最終目的じゃなくて

そこで
司なんて
電気代得子さんみたいな
ネーミングの人物の存在を知り

空飛ぶような
感覚で
癒しの世界に入っていく…

そんな原理が
象徴的に
示されているように
思います。

PTSDって
釈迦リキに頭でっかちに
解こうとしても
解けませんからね。

なんせ平成の公案ですから…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です