『チャングム』第二話  PTSD二世のチャングムの自己実現

チャングムの

父は武官だったとき
不承不承
廃妃の毒殺にかかわり

急性ストレス障害のため
崖から転落し
九死に一生を得た。
(無意識的な自殺未遂)

母は宮廷の女官だったとき
陰謀から毒殺されそうになった
(トラウマになっている)
瀕死のとき
父に命を助けられ

父母は結婚した。

つまり
チャングムは
無念を抱え
宮中を去った両親の子
である。

過酷な運命を背負っているとも
言えるし
PTSD二世として
自己実現
(個性化)しなければ
生きてゆけない
運命
であるとも言える。

自己実現するような個性は
こういう位置にあるのかも
しれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です