朝日新聞『獅子頭』第百十ニ・三話 PTSDの呪縛

PTSDの呪縛は
おそろしいもので

開放されない
苦しみから

悪夢にうなされ

その苦しみに耐えかねる
レヴェルになると

言動が
トンチンカンになります。

客観的にみれば
起こったことを
そのまま伝えて
みんなで考えるしかないのですが

手紙を書こうにも
うわっつらのきれいごとしか
書けません。

そうなると
離婚か刑務所かという
極端な選択肢しか
残らず

離婚の方が
よりましだろうという
ことになり

そうなると
未練を断ち切るために

こころがわりした
薄情ものとして
悪人になるしかないと
思いこまされます。

不幸へまっしぐら!です。

こういうときに
誰に出会うかが
明暗を決めます。

主人公の場合は…叫び

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です