『ハリー・ポッターと死の秘法』PTSD克服過程における使命感への移行

ハリー・ポッターは
生き残った男の子
としての
人生を歩んでいます。

最初は
自分の出自もわからず
養父母宅でいじめられていましたね。

そういう子は
生きる上で
普通の子にはない力を  ←象徴としての魔法
身につけるようになるものです。

その際に
こころの内外で     ←連動してますからひらめき電球
おそろしいことにたくさん
遭遇します。

こころの闇が
存在を消そうとしているからです。   ←死にたくなります

屈しないハリーに
闇の力が尋ねてますね。

「なぜ死なないんだ?」
「やることがあるからだ」

使命感に支えられて
がんばれるのでしょう。
 ―ぼんやりとしかわからないけど
 とにかくやり遂げねば!という直観です。

自分のことだけだったら
早期にくじけてしまうでしょう。

うまくいく人は
PTSD克服の過程で     ←始まったばかりの人は
                 まだいいのですよ!
必ずハリーのように移行するものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。