兵庫県のスクールカウンセラーは水汲みから修行しなおせ

宝塚での
15歳の放火

世間は
「なんて子なの?
おそろしい…」   ←「どうしちゃったの?」
           ってどうして言えないのか…

「ラテン系?」   ←国際的に恥ずかしい発言

そういう反応ばかりです。
涙が出ますしょぼん

新聞を読むだけでも
何が問題なのか
すでにうきぼりに
なっているでしょう。

ブラジル人の親を持つことは
この子の責任ですか?

親が日本で生きることを
この子が阻止できますか?

殴られたらつらいでしょう。
でもあきらめないで
考えられる限りの手を
打ったんですよ。

ちゃんと教師に訴えてます。
夜間に学校にも行ってます。
(先生もおられるんですね。
 頭が下がります)

これ以上何ができたでしょう。

放火はいけないことです。

しかしそこまで
この子をキレ【解離】させたのは
誰ですか?

専門家によって与えられる
二次被害

核兵器なみの暴力なんですよ。

韓ドラブームは続いていますが
【宮廷女官チャングムの誓い】では
幼いチャングムが
水を汲む修行から
大事なことを学んでいますよ。

水は無意識

体制の上にあぐらをかかず
臨床心理学の本質
無意識を汲み取る修行を今すぐ
始めてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です