アリエッティ展でロールプレイしたらどうだろう 

東京都現代美術館では

「借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展」として
こびとのアリエッティの部屋や庭など
こびとの世界を
1200平方メートル超のスペースに
再現しているそうですよ。

アリエッティを演じた志田さんは

「すべてが忠実に再現されていて
“すごい”しか言葉が出ない。

こびと目線でつくられた
人間の靴の大きさはちょっと怖かった
」と

ビックリ顔。

志田さんも小柄のようですが
PTSDの方は
恐怖や不安から
心的に萎縮しています。

こびとの世界は
見えないだけで
そこかしこにありますよ。

まずは
【視線】が大事ですね。

相手の立場に立って
ものをみる客観性が
一番かけているのは

こころの専門家でしょう。

セットのなかに
カウンセリングルームも
作ってみたらどうでしょう?

PTSDに罹患した
こびと役をしてみたら  ←サイコドラマという手法
どうでしょう。

私がサイコセラピストの役を
してあげますよニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です