宝塚放火事件加害生徒の犠牲がPTSD対策を動かしている

宝塚市で中学三年生が
自宅を放火し
逮捕された事件で

市は
中学校と市の連携について
調査を始めました。

同時に
居場所がない子どもたちを
(虐待などによるものですね)

24時間保護する施設を
9月までに作ることが
決まりました。

また
アンケートにより
400人中50人に
ストレス兆候が見られることを
確認しましたよ。

加害児童の犠牲は

PTSD対策を
大きく動かしています。

この動きが
維持されるよう
切に望みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です