PTSDテスト

昔習いました。

理学療法は
よくわからないので

そのまま引用しますダウン
PTSD研究家翠雨の日記

伸張反射の脊髄経路。膝蓋腱をたたくと、quadriceps femoris 筋とこの筋の中の筋紡錘の短期間の伸張がおこる。紡錘の一次終末は、quadri- ceps 筋の運動ニュ-ロンへ単シナプス的に伝達される短期間の発火に反応し、膝蓋腱反射を引き起こす。

実は
この内容の是非は
そう重要ではないんです。

ちょっと意地悪なんですが

心理テストって

絵画や箱庭のような表現法
(これはテストではなく
治療なんです)以外は

みんなそういう性格のものです。
 ―だから私は嫌い。
  みんな好きだから
  一応付き合うけど…

たたくフリをする
あるいは違う場所をたたく。

それで反応したら
被暗示性が高いってことですね。

梅干見て
唾液出るのは
普通ですが

膝蓋腱反射では
【馬脚を顕した】
(ひどい表現ですね)と
書いてあったりします。

まあ
いろいろ応用が利くから
ネタバレには
ならないですが    ←アリエッティについては
            しばらく書けないけど…

自分で試すのは困難ですし
人に試すのはイケズですね。
 ―人間関係にヒビが入ります。

暗示性が高いってのは
こういうことでもあるという話に
しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です