脳はどこまでサルか?

精神分析批判という
現代西洋思想の根幹をゆるがす
爆弾発言をした人の
本です。
PTSD研究家翠雨の日記
アマゾンの商品レビューに
面白い記述みつけました。
僕は
大学で哲学科に進んだんですが
受験のときに教師から
「哲学科だぁ?やめとけ、やめとけ。
 頭がおかしくなるぞ。
って言われた記憶があります。
ふぅ。そんなトラウマ
から
かれこれもう14年…。
時代も変わったのね。
哲学の重要性・必要性も
徐々にではあるけれでも
一般的になってきたように思います。
…(続く)…
 
日本の常識=世界の非常識
の典型ですね。
フランスの高校生に
馬鹿にされますよ。
歴史的に
中国文化におののいた
トラウマがあると
西洋文化との出会いで
PTSD起こした
漱石のうわさに
敏感に反応
予期不安が
集合的身体的に常態化し
哲学否認をすることで
適応しやすくなるという
おかしな頭脳システム

出来上がったのです。
脳はどこまでサルか?
日本の臨床心理学が
証明しています。
PTSD否認はサルです。
$PTSD研究家翠雨の日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です