PTSD克服と哲学

朝日新聞が
GLOBEで
書いている。
  
 ―本誌だけでなく
 世界規模で
 PTSDを捉えてくださいとの
 メッセージ!

フランスでは
18歳で成人の仲間入りをするが
哲学が通過儀礼になっていて

象牙の塔に閉じ込められた
哲学ではない
日常の哲学
国中に生きている。

日本の国では
臨床心理学者が
哲学なんてむつかしいこと
言うなと平気で言う。

日本の国が
中国と出会い
文化的ショックを受けつつも
PTSD予防しながら
追いつき追い越せで
努力してきた
【歴史的身体的事実】

夏目漱石が
ロンドン留学で
(当然西洋と出会ったショック)
PTSDになり
作品を生み出すことで
昇華させたこと

西田幾多郎が
世界に誇る西田哲学を
確立しなければならなかった
歴史的事実

国際化に対応するには
西洋の哲学を知り
日本人の哲学を意識化し
その相生相克のなかに
生きなければならない。

日本の哲学を否認し
PTSDを大量発生させ
治療せず放置することを
続けるようでは

未来はない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です