スクールカウンセラーにPTSD学習を!

朝日新聞によれば

2004
採用されて半年の
小学校教諭が自殺
している。

遺された日記によれば

担当クラスには

母親に抱っこされて
登校する子
カンニングを注意されて
パニックになる子
いじめから
円形脱毛症になりかかっている
子がいて
文房具隠しや
激しいけんかも
みられたようである。

半年でこれだけの問題がみつかるなんて
尋常ではありません。
それだけ
こころに何らかの問題を抱えた子が
多かったということです。

同僚はそれをこの教師の
授業のせいにしています。

なんという
ものの考え方をするのでしょう。

そんな感性で
教師がつとまるのでしょうか?

スクールカウンセラーは
いなかったのでしょうか?

PTSDという
視点がないと
このような
ばかげた
不幸なことが
起こるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です