パズル好きとPTSD

パズルは
結構人気がありますね。

好きな理由は
人それぞれだと思いますが

PTSDの人にも
結構多いです。

なぜなんでしょう?

①無心になれる
 フラッシュバックなど
 自己を苛むイメージを
 遠ざける作用が少しはある。

②解離統合のイメージへの
 投影的安心感
 パズルの完成=記憶の統合
 ではないですが
 見通しに対して
 希望的観測がもてます。

 ネガティブな気持ちは
 限られた大切なエネルギーを
 無駄に消耗します。
 本来闘うべき対象に向けるべき
 エネルギーの消耗は
 できるだけ
 避けなければなりません。

人間のすることには
すべて意味があると思います。

ナイナイ尽くしの環境でも
何らかの工夫を
人間はしているものです。

他にも理由はあるかもしれません。
ゆっくり考えたいと
思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です